Event is FINISHED

"Japan’s Global and Domestic Futures: The U.S. Relationship and FinTech" 「日米関係」と「フィンテック」から読み解く日本の将来

Description

Online registration for this conference is now closed. However, we accommodate walk-ins. Please come to the registration desk on the day of the conference.

事前参加登録は締め切らせて頂きました。参加をご希望の方は、当日受付までお越し下さい。

日本語のアジェンダは、本ウェブサイトの後半をご覧下さい。

Japan's Global and Domestic Futures: The U.S. Relationship and FinTech
Presented by the Center on Japanese Economy and Business, Columbia Business School
Cosponsored by the Development Bank of Japan Inc.
Date: Thursday, May 25, 2017, 1:15 - 6:20 p.m. (Registration at 12:30 p.m.)
Location: Otemachi Financial City Conference Center, Tokyo, Japan (Map)
Fee: 15,000 JPY
*Simultaneous translation will be provided.

Keynotes:
"Will FinTech Create Shared Values?"
by
Nobuchika Mori, Commissioner, Financial Services Agency

"The U.S-Japan Relationship and American Trade Policy"
by Alan Wm. Wolff, Chairman, National Foreign Trade Council; Former U.S. Deputy Trade Representative; Senior Counsel, Dentons US LLP

Panels:
The Future of Japanese Financial Services and Industry with FinTech
U.S.-Japan Economic Relations Under the New U.S. Administration

Other Participants:
David L. Asher, Senior Vice President for Strategy and Financial Services, SparkCognition Inc.
Gerald Curtis, Burgess Professor Emeritus of Political Science, Columbia University
Takatoshi Ito, Professor, School of International and Public Affairs, Columbia University; Director, Program on Public Pension and Sovereign Funds, Center on Japanese Business and Economy, Columbia Business School
Yuko Kawai, Head of FinTech Center, Payment and Settlement Systems Department, Bank of Japan
Merit E. Janow, Dean, School of International and Public Affairs, Columbia University
Yutaka Matsuo, Co-Director, Chair for Global Consumer Intelligence; Project Associate Professor, The University of Tokyo
Hugh Patrick, Director, Center on Japanese Economy and Business, Columbia Business School; R.D. Calkins Professor of International Business Emeritus, Columbia Business School
Akihiko Tanaka, President, National Graduate Institute for Policy Studies
Masaaki Tanaka, Senior Global Advisor, PwC International
David E. Weinstein, Director of Research, Center on Japanese Economy and Business, Columbia Business School; Carl S. Shoup Professor of the Japanese Economy, Columbia University


「日米関係」と「フィンテック」から読み解く日本の将来

日時:2017年5月25日(木) 午後1時15分 - 午後6時20分(12時30分 受付開始)
主催:コロンビア大学ビジネススクール 日本経済経営研究所
共催:株式会社日本政策投資銀行

場所:大手町フィナンシャルシティ・カンファレンスセンター(地図

参加費:15,000円
*日米同時通訳付き

基調講演
「フィンテックは共通価値を創造できるか 」
森信親 金融庁長官

「日米関係と米国通商政策」
アラン・ウィリアム・ウルフ 全国外国貿易委員会 委員長、元米国通商代表部(USTR)次席代表、デントンズ US シニア・カウンセル

パネル:
「フィンテックで変わる金融サービスと金融業」
「米新政権と今後の日米経済関係」

その他講演者:
アッシャー・デイビッド スパークコグニション 金融サービス・戦略担当上級副社長
ジェラルド・カーティス コロンビア大学政治学部 バージェス政治学名誉教授
伊藤隆敏 コロンビア大学国際関係・公共政策大学院 教授、コロンビア大学ビジネススクール 日本経済経営研究所 公的年金・政府系ファンド研究プログラム ディレクター
河合祐子 日本銀行決済機構局 FinTech センター長
メリット・ジェイノー コロンビア大学国際関係・公共政策大学院 学院長
松尾豊 東京大学大学院工学系研究科 消費インテリジェンス寄付講座 共同代表・特任准教授
ヒュー・パトリック コロンビア大学ビジネススクール 日本経済経営研究所 所長、R.D. カルキンス国際ビジネス名誉教授
田中明彦 政策研究大学院大学 学長
田中正明 PwC インターナショナル シニア グローバル アドバイザー
デイビッド・ワインスタイン コロンビア大学 カール・S ・シャウプ日本経済学教授、コロンビア大学ビジネススクール 日本経済経営研究所 副所長

Updates
  • The event description was updated. Diff#248817 2017-05-24 07:05:46
More updates
Thu May 25, 2017
1:15 PM - 6:20 PM JST
Add to Calendar
Venue
Otemachi Financial City Conference Center, 3rd Floor of South Tower, Otemachi Financial City
Tickets
General/一般 SOLD OUT ¥15,000
Media/メディア FULL
Venue Address
Otemachi Financial City, 3rd Floor of South Tower, 1-9-7, Otemachi,Chiyoda-ku, Tokyo 100-0004 Japan
Organizer
Center on Japanese Economy and Business
542 Followers